広島の眼科 白内障手術・多焦点眼内レンズ治療、レーシック(LASIK)手術ならソレイユ眼科

広島で白内障手術・多焦点眼内レンズ治療、
レーシック手術なら広島の眼科「ソレイユ眼科」へ

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーに
ついて

平成21年5月に厚生労働省は、オルソケラトロジーの治療用レンズを医療器具として承認し、本格的に治療が行われるようになりました。オルソケラトロジーは、寝ている間にコンタクトレンズを装着して、角膜の形状を変形させて、近視を矯正する治療法です。

近視の進行抑制効果の報告

筑波大学の大鹿哲郎教授、平岡考浩講師らのグループが、オルソケラトロジーによる近視の矯正を行った結果、眼軸長の伸展を抑制することで、近視の進行を抑制できたとの報告をするなど、オルソケラトロジーによる治療を行った方が、メガネを使って生活するより、学童期の近視を抑制(眼軸長の伸びを抑制する)効果がある、との報告がありました。
しかし、近年の研究から、確かな医学的根拠は、明らかではなく、今後の検討課題とされています。

近視の進行抑制効果の報告

オルソケラトロジーの
しくみ

装用前

装用前

近視の方は、網膜面よりも手前に焦点が合っているために、網膜にぼやけた映像が映っています。
角膜の形状を、専用レンズを用いて変形させることで、眼科的な屈折の異常を治療します。

装用中

装用中

夜間に、特殊な形状のハードコンタクトレンズ(オルソレンズ)を装用します。
酸素透過性の高いコンタクトレンズですので、眼への負担も軽減されやすい仕様になっています。

装用後

装用後

起床後にオルソレンズを外します。角膜は中心部が圧迫され、屈折率が変化しています。
近視の方も網膜に焦点が合うようになり、メガネ・コンタクトを装用せずに視力を回復できます。

ソレイユ眼科の
オルソケラトロジーの特徴

信頼と実績を積み重ねてきました。

レーシック [LASIK] 手術を迷われていたり、手術での視力矯正を避けられたい方は、オルソケラトロジーをお試しください。

  • 日本眼科学会の指定する「オルソケラトロジー講習会」を受講した、眼科専門医が診察しています。
    [写真:オルソケラトロジー講習会受講証]
  • 2010年より、オルソケラトロジーでの近視の治療実績があります。
    長年の治療経験がある院長が、直接治療を担当しています。

オルソケラトロジーの
メリット

  • メガネ・コンタクトレンズがほぼ不要に

    昼間に、メガネ・コンタクトレンズがほとんど必要なくなります。乾燥感や異物感に悩むことはありません。

  • 使用を中止すれば元の状態に戻ります

    レーシック [LASIK] 手術と異なり、使用を中止すれば2〜3週間で元の状態に戻りますので、オルソレンズによる矯正の見え方に不満があっても、使用を中止すれば、元の状態に戻すことができます。

  • 未成年の方にも治療が可能

    レーシック [LASIK] 手術の適応がない、未成年の方にも治療が可能です。

オルソケラトロジーの
デメリット

  • 近視・乱視の強い方は、治療できないことがあります。
  • 通常のコンタクト同様に、角膜感染症や結膜炎などの合併症を生じて、視力障害が出ることがあります。そのため定期検査を受けていただき、レンズは1〜5年ごとに交換が必要となります。
  • 視力が安定するまで、1週間〜1ケ月かかることがあります。
  • 視力の回復は、日によって大きく変動することがありますので、見えにくい日もあります。
  • 基本的に、オルソレンズを毎日装用する必要があります。レンズの使用をやめれば、視力回復の効果は消失します。
  • 治療に全く効果が出ない(視力が回復しない)方もおられます。

オルソケラトロジー
治療の流れ

お申し込み(検索の予約)

オルソケラトロジーの治療は予約制となっております。お電話・『受診予約』フォームにてご予約ください。
オルソケラトロジーの適応検査は、木曜と土曜の指定日に予約可能です。なるべくお電話ください。

TEL 082-561-0123

診療時間 9:00-12:30、14:30-18:30
[木曜と土曜の指定日は、午後は手術・予約のみとなります]

2

適応検査

オルソケラトロジー治療の適応検査を受けていただき、治療可能かどうか判定いたします。

適応検査
3

体験用を注文

無料体験用のオルソレンズを注文します。オルソレンズの納品までは1〜3週間程度かかります。

体験用を注文
4

装用・取り扱い

実際のオルソレンズを用いて、装用の練習、取り扱い方法をご説明します。

装用・取り扱い
5

治療体験

オルソケラトロジーの治療を、1週間ほど体験していただきます。

治療体験
6

診察・継続治療

1週間後に検査を受けて、オルソケラトロジー治療を継続できるか、医師の診察を受けていただきます。
治療可能と判断されて、治療継続のご希望があれば、治療費をお支払いいただき、治療を開始します。

診察・継続治療

オルソケラトロジーの治療費

治療費には、レンズ代金、6か月間の診察・検査料を含みます。

両眼
120,000円
片眼
80,000円

※表組み内の金額表示は、すべて「税別」です。
※治療用レンズを紛失、破損、更新時は、1枚38,000円~(税別)となります。
※治療開始6か月以降は、診察・検査代は、1回3,000円(税別)です。
※オルソケラトロジーの治療費は、所得税の医療費控除が受けられることがあります。詳しくは、所轄の税務署にお問い合わせください。

ソレイユ眼科では、オルソケラトロジーによる近視治療も行っています。
角膜形状を変形させて矯正します。オルソケラトロジーの治療で、メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されます。