広島の眼科 白内障手術・多焦点眼内レンズ治療、レーシック(LASIK)手術ならソレイユ眼科

広島で白内障手術・多焦点眼内レンズ治療、
レーシック手術なら広島の眼科「ソレイユ眼科」へ

2月といえば、、、

こんにちは!ソレイユ眼科矯正の小瀬です。

 

 

もうすぐ2月が終わってしまいますが、みなさんはどのように過ごされましたか?

2月は、節分やバレンタインデーなどのイベントが盛りだくさんでしたね。

 

 

我が家では、節分の日に2歳の息子と豆まきをしました。

鬼を退治するはずの節分ですが、息子は保育園で作った鬼のお面を被って豆まきをしていました(笑)

 

 

そもそも節分ではなぜ豆をまくのでしょうか?

それは、人間の命を支える五穀の中でも大豆が一番大きく、力が強いと考えられていたからだそうです。

また、「魔(ま)を滅(め)する=豆」という意味も込められていて、節分の時に炒った豆を使うのも、「豆を炒る」が「魔の目を射るに通じるからだそうです。

 

さらに豆まきに使う豆を枡に入れるのは、「”ますます”力が”増す”」という意味が込められているからだそうです。

 

毎年恒例で行っている行事もその意味は奥が深いのだなと改めて思いました。

鬼も新型コロナウィルスも一緒に撃退しましょう!!

 

 

 

アーカイブ