白内障

白内障について

白内障は、目のレンズにあたる「水晶体」が濁ってしまい、視力低下を生じる疾患です。

白内障の原因

ほとんどは、加齢によるもので、予防できない疾患です。つまり、どんな人でも、歳をとれば、なってしまう病気です。しかし、先天性やアトピー性皮膚炎に伴うもの、長期のステロイド治療によるもの、糖尿病に合併して生じるものでは、若年者でも発症することがあるので、注意が必要です。


正常の水晶体

正常の水晶体

白内障により混濁した水晶体

白内障により混濁した水晶体

白内障の症状

最初は、光がまぶしく見えたり、かすんだりする症状が出現します。その後、かすみが強くなり、物がだぶって見えたり、輪郭がはっきりしなくなり、視力が低下していきます。また、白内障が進行すると、近視が強くなることがあり、急にメガネの度が合わなくなることがあります。

白内障の治療

治療には、「点眼治療」と「白内障手術」があります。
点眼治療(目薬)では、視力は回復しませんので、見えにくさを感じたら手術による、視力回復をお勧めしています。

点眼(目薬)治療 白内障手術

点眼により水晶体の濁りを防ぐ予防治療

点眼しても、水晶体の濁りは取れないので、
視力が回復することはありません。

失明するリスクはないが、徐々に視力が低下することが
予想されます。

手術により、水晶体の濁りを取り除く治療

眼内レンズを入れることにより、視力が回復します。
近視や乱視、老眼を治療できる眼内レンズもあります。

手術によるリスク(感染、出血など)があります。


白内障手術について
  1. 水晶体を、超音波を用いて吸引します
       ↓
  2. 折りたたんだ眼内レンズを挿入します。

当院では、日帰り手術で行います。
手術時間は、20〜30分です。
手術後は、歩いて帰宅が可能です。
手術後3日間は、洗顔・洗髪・重労働は、できません。


当院で取り扱っている眼内レンズ

  • 単焦点
    単焦点
  • 乱視入り単焦点
    乱視入り単焦点
  • 多焦点(遠近両用)
    多焦点(遠近両用)

手術を受けられる方に最適な眼内レンズを選択し、使用しています。
乱視入りレンズを使うことで、術後の見え方も改善することが期待されます。
多焦点レンズを使用すれば、老眼症状の治療も行うことが可能です。

治療費

片眼 0円 (負担0割) 〜 約45,000円 (負担3割)
両眼 0円 (負担0割) 〜 約90,000円 (負担3割)
健康保険の負担割合で、費用がそれぞれの方で異なります。
▲このページのTOPへ戻る

診療・受付の時間・曜日

通常、祝日は診療しますが[月曜、第2・4曜日]にあたる場合は休診日となります。

学会、正月、GW、お盆で臨時休診することがあります。

受診予約・ご相談

FAX:082-561-0124
■ 電話受付時間
9:00-12:30、14:30-18:30
[木曜、第1・3・5土曜は17:00まで]
FAXは、24時間受付中。
■ 休診日 毎週月曜日、第2・4日曜日
ネット:24時間受付中


▲このページのTOPへ戻る
表示モード:スマートフォン | PC