院内設備の紹介

spacer

眼科検査機器


TOMEY CV-5000/NIDEK SC-2000

視力検査機器

[TOMEY社 CV-5000、NIDEK社 SC-2000]

「C」の形をした視標を使って、視力検査を行います。字ひとつ視力計では、絵文字を使って小児にもわかりやすく視力検査を行うことができます。



TOMEY RT-6000

オートレフトポグラファー

[TOMEY社 RT-6000]

視力に影響する近視、遠視、乱視の度数を測定します。角膜の形状を測定し、コンタクトレンズのサイズを決定したり、円錐角膜などの角膜疾患の診断に用います。また、10秒間、角膜の涙液層を連続撮影し、自動的にドライアイの診断を行えます。



NIDEK NT-4000

ノンコンタクトトノメーター

[NIDEK社 NT-4000]

空気を眼球にあてることで、眼圧 (目の硬さ) を測定します。緑内障や眼圧の上昇する疾患を早期に発見します。



TOMEY EM−3000

スペキュラーマイクロスコープ

[TOMEY社 EM−3000]

角膜の内皮細胞は、角膜を透明に保つために必要な細胞です。白内障術後や長期のコンタクトレンズ装用に伴う角膜内皮細胞の変化を測定し、治療の方針を決めます。自動的に15枚の角膜内皮を連続撮影し、自動的に細胞数を測定しますので、従来の機器よりエラーが少なくなり、正確な診断が可能になりました。



ZEISS ハンフリーフィールドアナライザー

自動静的視野検査装置

[ZEISS社 ハンフリーフィールドアナライザー]

大学病院や総合病院などでも多く採用されている、視野検査装置です。緑内障や網膜疾患などの視野欠損の程度を測定装置です。おもに、中心の視野を測定する装置です。



ZEISS HFA ハンフリーFDTスクリーナー

自動静的視野検査装置

[ZEISS社HFA ハンフリーFDTスクリーナー]

緑内障の初期に障害されるといわれる網膜神経細胞節のM-cell (大型細胞) 系の異常を早期に発見できる装置です。検査時間も1分〜4分と短く、患者さんの負担も軽減しています。おもに、緑内障の早期発見や、初期に使う検査装置です。



Inami ゴールドマン型動的視野計

動的視野検査装置

[Inami社 ゴールドマン型動的視野計]

周辺視野から中心視野まで測定することのできる視野検査計です。静的視野検査装置の結果と組み合わせて検査を行うことで、より正確な視野欠損の状態を把握することができます。緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性症などの視神経・網膜疾患や脳梗塞・脳腫瘍などの視野異常の測定を行います。



TOMEY AL-3000

眼軸長・角膜厚測定装置

[TOMEY社 AL-3000]

眼球の長さ (眼軸長) を測定し、軸性近視の診断や、白内障手術の際に挿入する眼内レンズの度数を決定する際に使用します。また角膜の厚みを測定することにより、レーシック (近視矯正) 手術前後の診断や、円錐角膜・角膜変性症などの病期の診断に用いています。



TOPCON RC-NW7SF MARKII

眼底カメラ

[TOPCON社 RC-NW7SF MARKII]

検査例:眼底カメラ網膜 (眼底) を撮影する装置です。緑内障や糖尿病網膜症、網膜裂孔などの視神経・網膜疾患の診断に用います。糖尿病網膜症や加齢性黄斑変性症、中心性網膜症などでは、造影剤を用いた蛍光眼底写真を撮影することができ、より詳しい診断、治療に用いることができます。撮影した眼底写真は、画像ファイリングシステム「iMage」に患者さんごとに保存し、経年的な変化を診断しています。



ZEISS SL-130

細隙灯顕微鏡

[ZEISS社 SL-130]

眼球を顕微鏡で眼科医が直接、観察する装置です。観察した画像を撮影し、患者さんに病気の現状を説明することができます。画像ファイリングシステム「iMage」には、眼底写真の画像も一緒に保管することができます。



コーワ SL-15

ポータブルスリットランプ

[コーワ社 SL-15]

コードレスの細隙灯顕微鏡です。乳幼児や車いすの患者さんの眼球を観察する時に使います。



NEITZ ブライトスコープ BS-III LED

単眼倒像検眼鏡

[NEITZ社 ブライトスコープ BS-III LED]

眼科医が直接、眼底 (網膜・視神経) を観察する装置です。コードレスなので、患者さんの姿勢に影響することなく眼底の観察が行えます。



ZEISS 網膜光干渉断層計

網膜光干渉断層計

[ZEISS社製 Cirrus HD-OCT]

ZEISS 網膜光干渉断層計赤外線を眼底にあてて、その反射波を解析し、網膜断層を3D画像にします。 造影剤などを使わなくても、網膜の小さな病変を発見できます。 糖尿病網膜症、黄斑円孔、網膜剥離や加齢性黄斑変性症などの黄斑疾患の 診断ができます。また、視神経の状態も詳しく検査できますので、 緑内障の診断にも利用できます。目の「CT」です。


spacer

眼科治療機器


ZEISS ビズラス ヤグIIIコンビネーションシステム

網膜光凝固装置、YAGレーザー

[ZEISS社 ビズラス ヤグIIIコンビネーションシステム]

糖尿病網膜症や網膜裂孔、中心性網膜症の治療には、網膜光凝固術を行います。YAGレーザーは、後発白内障や緑内障に対して、レーザー治療 (手術) を行うことができます。



NIDEK CV-24000

超音波白内障手術装置

[NIDEK社 CV-24000]

白内障手術を行う装置です。超音波を用いて、混濁した水晶体を吸引する装置です。



ZEISS OPMI VISU 160

手術顕微鏡

[ZEISS社 OPMI VISU 160]

白内障や緑内障、角膜疾患 (翼状片など)、前眼部疾患 (眼瞼下垂、麦粒腫、霰粒腫など) の手術を行う際に用いる顕微鏡です。視認性は世界でもトップクラスのZEISS社製の顕微鏡を導入しています。



NIDEK EC-5000 CXIII

エキシマレーザ角膜手術装置

[NIDEK社 EC-5000 CXIII]

レーシック手術 (角膜屈折矯正手術) に用いる手術装置です。エキシマレーザーを照射し、角膜を切除する装置です。



NIDEK MK-2000

マイクロケラトーム

[NIDEK社 MK-2000]

レーシック手術 (角膜屈折矯正手術) に用いる手術装置です。眼球を吸引・固定し、角膜を均一の厚みで切開する装置です。


診療・受付の時間・曜日

通常、祝日は診療しますが[月曜、第2・4曜日]にあたる場合は休診日となります。

学会、正月、GW、お盆で臨時休診することがあります。

受診予約・ご相談

FAX:082-561-0124
■ 電話受付時間
9:00-12:30、14:30-18:30
[木曜、第1・3・5土曜は17:00まで]
FAXは、24時間受付中。
■ 休診日 毎週月曜日、第2・4日曜日
ネット:24時間受付中


▲このページのTOPへ戻る
表示モード:スマートフォン | PC