ブログ

覗くタイプの検査で視力が下がる謎について


2019/11/25


皆さんは、健康診断での視力検査を受けたことがありますか?


「健康診断で視力が下がってました」と来られる人の中に


実際に院内で覗かずに検査してみると1.0〜1.2まで見えておられる方がいます。


この前の健康診断では、低かったのに!とびっくりされる方が多いです。


今回はその謎についてお話したいと思います。


覗くタイプの視力検査だと、検査時に筒を覗くと思います。


その、覗く動作により近視化が起こります。


このことを専門用語で”器械近視”といいます。




これらの要因には、


生理的、心理的あるいは器械的要因が考えられています。


生理的要因のなかに年齢などもあり、


心理的要因は、見ようと思うことが心理的に


目の”見る力”に強く作用して生じるといわれています。

似た場面として、


望遠鏡、顕微鏡や一眼レフのファインダを覗く時などに


近視化が起こり見えづらいと感じることがあるかもしれません。





健康診断を受け、視力が下がっていても慌てず


眼科を受診していただければ、


器械近視が原因の視力低下なのか、眼の病気が原因なのか、


確認できるので、まずは眼科受診をお勧めします。




【最新の記事】


【バックナンバー】



診療・受付の時間・曜日

通常、祝日は診療しますが[月曜、第2・4曜日]にあたる場合は休診日となります。

学会、正月、GW、お盆で臨時休診することがあります。

受診予約・ご相談

FAX:082-561-0124
■ 電話受付時間
9:00-12:30、14:30-18:30
[木曜、第1・3・5土曜は17:00まで]
FAXは、24時間受付中。
■ 休診日 毎週月曜日、第2・4日曜日
ネット:24時間受付中


▲このページのTOPへ戻る
表示モード:スマートフォン | PC