広島県安芸郡府中町のソレイユ矯正歯科 〜 広島の矯正歯科 見えない矯正を推奨 〜

医院や診療、歯列矯正に関することなど
さまざまな情報をご案内します

当院の休診やその他のお知らせ、スタッフからの近況報告など、
当院を身近に感じていただけるように、いろいろな情報をここから発信していきます。

2019年7月

矯正治療と炎症

広島県安芸郡府中町のイオンモール広島府中2Fにあります

矯正専門の歯科医院  ソレイユ矯正歯科です。

 

7月20、21日は日本オーソモレキュラー医学会に参加してきました。

「栄養医療がつくる健康な未来」

と表され、栄養療法を通してヘルスケアにアプローチする講演で

非常に興味深い内容でした。

 

矯正治療は歯を動かしますが、これは骨を作り変えることによって

可能になります。

つまり骨代謝がスムーズに行われると、歯の移動も効果的になります。

これを妨げてしまう一つの要因が歯周炎です。

歯周組織に炎症が起きていると、歯の移動にも悪影響が起きてきます。

現在、歯周炎を誘発する細菌が全身に循環し、様々な病気と関連している

ことが報告されています。

矯正治療を行う上でも、口腔内の炎症を抑えることに併せて

全身の健康状態も向上させておくことは重要なことと考えられます。

 

 

ソレイユ眼科・矯正歯科

子供の矯正・大人の矯正・見えない矯正・インビザラインなどの矯正治療専門医院

広島県安芸郡府中町大須2-1-1 イオンモール広島府中2F

Facebook  フェイスブックはこちら

Instagram インスタグラムはこちら #soleil_kyousei

乳歯の歯並び

広島県安芸郡府中町のイオンモール広島府中2Fにあります

矯正専門の歯科医院  ソレイユ矯正歯科です。

 

6月26日、広島県安芸郡府中町の福寿館で行われました

3歳児健康診査を担当いたしました。

3歳児の歯列の状態は乳歯が全て生えそろっているか

最後乳臼歯がこれから生えてくるところ、という状態が

大半です。

今回の健診では乳歯列ですでに不正咬合のお子さんが

多数いらっしゃいました。

上顎前突、過蓋咬合、叢生などの症状がすでに見受けられました。

乳歯列で不正咬合が生じていると、永久歯に生え変わっても

かなりの確率で不正咬合になってしまいます。

 

乳歯の段階で上顎前突を指摘された場合、指しゃぶりがあると

さらに上顎前突傾向を強めてしまいます。

指しゃぶりの頻度が高いと、上顎の歯槽骨の形まで変形をきたし

より上顎前突をひどくしてしまいます。

3歳ころまでは様子を見られてかまいませんが、5歳くらいには

指しゃぶりを卒業できることが望ましいです。

 

叢生とは、歯並びにガタツキや重なりがある状態です。

通常、乳歯列では隙間があって、永久歯に生え変わると

ちょうどよくなります。

乳歯のうちから隙間が全くない、さらにはガタツキが見られる場合

永久歯列でも叢生を生じることがほとんどです。

この場合、小学校に入って前歯が永久歯へ交換を始めたら

一度ご相談されることをお勧めします。

 

 

ソレイユ眼科・矯正歯科

子供の矯正・大人の矯正・見えない矯正・インビザラインなどの矯正治療専門医院

広島県安芸郡府中町大須2-1-1 イオンモール広島府中2F

Facebook https://www.facebook.com/soleil55invisalign/

Instagram #soleil_kyousei