見えない歯列矯正治療 広島の矯正歯科 ソレイユ矯正歯科

広島県安芸郡府中町のソレイユ矯正歯科 ~ マウスピースによる歯列矯正を推奨 ~

さまざまな原因を見守って
健康と成長をサポート!

世代とともにある変化を専門医の技術で見抜きます。
早期の段階で歯並び、咬み合わせを整えていき
コンプレックスを持たない健やかな成長を。

こどもの矯正治療

近年、子供の歯は大きくなっている傾向にあります。
しかし同じようには顎のサイズも大きくはなっていませんので、どうしても歯が入りきらず歯並びがガタガタになってしまいます。現代人はますます歯並びが悪くなる傾向にあるのです。

成長期に歯並び、咬み合わせが悪い不正咬合の状態だと様々な影響が出てきます。
不正咬合は咀嚼器官の健全な成長発育を妨げるばかりでなく、全身の健康や心理的なコンプレックスに繋がります。

不正咬合の主な原因

親からの遺伝
親からの遺伝によるもので、あごや歯の形などは特に影響を受けやすい部分です。
顔が似ているのと同様に、親が出っ歯や受け口だと子供も同じ症状になる可能性があります。子供のうちに対処しておくと不正を最小限に抑えられることがあります。早めにご相談ください。
長期間の癖
長期にわたり指しゃぶりを続けていると、開口や上顎前突という不正咬合になる原因になります。
指しゃぶりに限らず、タオルや爪、唇を咬むなど子供特有のいろいろな癖があります。
それらをケアしていくことと同時に、矯正治療で不正を調整していきます。
慢性的な病気
慢性的な「鼻づまり」や「扁桃腺肥大」は口で呼吸をするので、いつも口が開いてしまいがちです。
それが続くと歯列の幅が狭くなり、上の前歯も出て上顎前突になります。鼻が悪くなくても口呼吸が癖となると同じ様に上顎前突の原因となります。
むし歯・喪失
むし歯を放置すると、後から生えてくる永久歯の位置異常や形成不全を招いてしまいます。
また、虫歯などで乳歯が早期に脱落すると、後方の永久歯が前にずれてきてしまい、咬み合わせが乱れ、永久歯の生える隙間が塞がれ、結果的にガタガタの歯並び(叢生)になってしまいます。
交換順の乱れ
混合歯列期に、乳歯から永久歯へと生え変わっていく順番が乱れると、永久歯が正常な位置に生えることが出来ず、不正咬合が進行する確立が高まってしまいます。交換のトラブルには以下のような原因があります。

埋伏歯

永久歯の生える時期になっても出てこない歯を「埋伏歯(まいふくし)」といいます。埋まったままだと、その隣りの歯がずれて生えてきてしまい生えるスペースが塞がれて、咬み合わせがずれてしまいます。自力で生えることが出来ない場合、矯正装置で引き出す「牽引」治療が必要です。また、埋伏歯の中には「過剰埋伏歯」という、永久歯の本数が多いケースもあり、埋伏する場所によって抜歯の必要があります。

癒着

歯があごの骨の中でくっついてしまっている状態を「癒着」といい ます。癒着が原因で埋伏する場合や、乳歯と癒着することで倒れ込 み、不正咬合になってしうこともあります。

外傷

転んだりして歯をぶつけてしまうと、破折、移動、抜けてしまうこ ともあります。乳歯の打撲で骨の中の永久歯が悪影響を受け、位置 異常や形成不善を起こす場合もあり注意が必要です。

不成咬合になる原因はさまざまですので、日ごろの生活習慣などでも充分お気をつけください。

不正咬合による
デメリット

不正咬合によるって起きる悪影響は
次のようなことが挙げられます。

  • 虫歯になる
  • 悪い姿勢を招く
  • 歯周病になる
  • 顎関節症になる
  • 咀嚼機能が低下する
  • 集中しにくい
  • 顎の健全な成長を阻害する
  • 非社交的になる
  • 胃腸障害を起こす
  • 口臭がしやすくなる
  • 正しい発音ができない
  • 風邪をひきやすくなる

不成咬合は、普段の生活や身体の成長に悪影響を及ぼすこともありますので、
歯科矯正をされるケースが多く見受けられます。

咬み合わせの発育と矯正治療を始めるタイミング

咬み合わせの発育と矯正治療を始めるタイミング乳歯が生え始めてから10数年をかけて永久歯列が完成します。
一般的に「子供の治療(1期治療)」と呼ばれる矯正治療は、混合歯列期(乳歯と永久歯の混ざって生えている時期)に成長を利用して歯並び、咬み合わせ、そして顎の成長を良好な状態に導く咬合育成の治療になります。この時期の治療は、比較的に簡単な装置で歯の入るスペースの確保や、咬み合わせのずれの改善などを行います。

その後、永久歯に生え変わると「本格矯正(2期治療)」で歯を直接動かして、良好な歯並びや咬み合わせに仕上げていきます。

子供の治療だけで治療が済んでしまう場合もあります。
ただし、不正咬合の状態によっては本格矯正が必要な場合も多いので、子供の治療は行わずに永久歯への交換を待ってから本格矯正だけで治療したほうがいい場合もあります。これは、実際に矯正歯科医が診察しないと判断できませんので、気になった時点で早めにご相談いただくと、矯正治療を始めるタイミングや治療内容をご確認いただけます。

お子様の歯列で気になることや、矯正治療についてお聞きになりたいことがあれば、お気軽にご相談ください。

広島の矯正専門医院 ソレイユ矯正歯科

広島の矯正専門医院
ソレイユ矯正歯科に相談をする

ご相談・受診予約はこちら